富山・桜町1丁目市街地再開発事業 2017.11

建設中・開発中, 富山市

20171110_0331

桜町1丁目市街地再開発事業は、富山駅南口のホテルや雑居ビルが立ち並ぶ一帯を再開発し、マンション、ホテル、専門学校、店舗等が入居する複合ビルを建設する計画です。

 

 

 

概要

名称:富山市桜町1丁目4番地区第一種市街地再開発事業
用途:共同住宅、各種学校、ホテル、飲食店、物販店舗、駐車場
敷地面積:3350.84㎡
建築面積:2616.98㎡
延床面積:23126.71㎡
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
階数:地上18階、地下0階
高さ:60m
設計:RIA
住戸:75戸(タカラレーベン) ホテル:314室(東横イン) 学校:大原専門学校
sakuramachi

(完成イメージ 富山市より引用

 

 

 

現在の様子

20171110_0331

5か月ぶりの撮影となってしまいましたが、東横インが最上階まで組みあがり、外観も一部完成していました!

 

 

 

20171110_0330

低層部です。

東横インは東側が外壁も完成し、一部はシートが取れていました。

 

 

 

20171110_0332

最上階には「東横INN」の文字が。

 

 

 

20171110_0334

タワークレーンは2基稼働中です。

 

 

 

20171110_0337

地上から見た様子です。

 

 

 

20171110_0346

東側からの様子です。

 

 

 

20171110_0347

敷地南側のタカラレーベンによるマンション「レーベン富山桜町」も上へ伸びてきました。

 

 

 

20171110_0350

西側から見た様子です。

 

 

 

20171110_0354

ようやく完成イメージ図の形に仕上がってきました。

 

レーベン富山桜町の第1期分譲は30戸で販売価格は3,668万円~7,198万円となっています。

 

過去記事

過去記事はこちら!