金沢市庁舎南分室 解体工事 2017.9

建設中・開発中, 香林坊・片町・竪町・広坂

20170921_0143

金沢市庁舎南分室解体工事は、現庁舎が老朽化し、金沢市役所第二庁舎建設のために、解体するものです。

跡地には金沢市役所第二庁舎が整備され、農林水産局や環境局、市教育委員会、調査統計室、選挙管理委員会、危機管理センター、外郭団体の執務室、会議室、職員研修センターが入居します。

 

 

 

金沢市庁舎南分室の歴史

金沢市庁舎南分室は、1960年に北陸学院中学部の校舎として建設されました。しかし、1967年に飛梅町に校舎が移転しました。

北陸学院の校舎として使用されたのはわずか7年だったみたいです。

建物と土地は売却され、石川県が購入し、県庁別館として使用されました。

県庁移転をきっかけに、2003年には金沢市に現在の石川県立音楽堂の土地と交換条件で譲渡され、金沢市南分室として使用されてきました。

延床面積:1927.23㎡

 

築56年で、旧耐震基準であることや現在の庁舎が手狭であることから、建て替えが決まりました。

解体は2017年8月末までを予定しています。

→どうやら読み違えていたようで、8月から解体工事に着手したみたいです。

 

 

現在の様子

20170921_0139

とうとう、防音シートに覆われかけていました。

 

 

 

20170921_0140

低層階は既に覆われていますね。

 

 

 

20170921_0141

北側の様子です。

 

 

 

20170921_0142

正面に回ると、南側半分が防音壁に覆われ、解体工事が始まったようでした。

写真右側には解体用の重機が見えますね。

 

 

 

20170921_0144

南側の様子です。

一部は大きな木に覆われ見えません。

正面の木は切られてしまいましたが、この木は切らずに解体を進めるのでしょうかね?

 

 

 

20170921_0145

旧プラネタリウム周辺も防音壁が。

どうやら、南側から解体がスタートするのでしょうかね。

 

 

 

20170921_0147

少し離れた位置から。

防音壁に囲まれています。

また、鞍月用水沿いの市道は11月まで付け替え工事のため通行止めとなっていました。

 

 

 

20170921_0148

遠景です。

 

 

 

20170921_0151

西側の様子です。

工事関係車両が停まっていました。

こちらから見るとプラネタリウムや一部建物は足場などは組まれていません。

 

 

 

20170921_0154

旧公用車駐車場跡地では埋蔵文化財調査が続いていました。

先月よりエリアが拡大しています。

 

 

 

20170921_0155

次来た時には解体されている、と毎月のように言っていますがなかなか解体されません(汗)

ただ、次こそ?来月には解体工事が始まっているでしょうね。

これが最後の姿となるでしょうか?

 

 

 

過去記事

金沢市役所第二本庁舎は2020年春供用へ!
金沢市庁舎南分室 解体工事 2017.8
金沢市庁舎南分室 解体工事 2017.7

この記事以降の最新記事はこちら