北陸新幹線福井駅の様子 2017.3

建設中・開発中, 北陸新幹線, 福井市

20170303_0071

北陸新幹線福井駅は、2022年度を予定する、北陸新幹線金沢-敦賀間開業によって設けられる駅です。

埋蔵文化財調査は終わり、着工が待たれる現在の様子を取材してきました。

 

 

 

20170303_0044

JR福井駅東口の扉を出たところのフェンスより撮影しました。

現在は更地となっています。

 

 

 

20170303_0045

北陸新幹線福井駅部は、北陸新幹線の先行整備区間として2009年に福井駅から金沢方面へ800mが建設されました。

福井駅舎となる部分も約半分が完成しています。

そして現在、えちぜん鉄道の高架化に伴い、えちぜん鉄道福井駅として暫定利用されています。

 

 

 

20170303_0049

新年度より着工するのでしょうか?

 

 

 

20170303_0068

福井国体の看板がありました。

 

 

 

20170303_0070

敦賀方面を望む。

あの屋根は何なのでしょう?

 

 

 

20170303_0072

東西連絡通路の様子です

 

 

 

20170303_0071

金沢方面を望む。

 

 

 

20170303_0078

アオッサより福井駅部を撮影。

 

 

20170303_0098

東西連絡通路が見えます。(写真右側)

 

 

20170303_0079

北陸新幹線福井駅は全列車停車駅にもかかわらず、1面2線で整備されます。金沢駅や富山駅の2面4線に比べるとどう考えても狭い気がします。

乗車ホームと降車ホームが同じになることから、人でごちゃごちゃになることが想定されます。

 

現状を見ても分かるように、えち鉄の高架化工事も進んでおり、2面4線への拡張工事も物理的に不可能ですし、どのように対応するのか心配です。