えちぜん鉄道高架化 新福井駅 建設工事 2017.3

建設中・開発中, 福井市

20170303_0887

福井駅付近連続立体交差事業(えち鉄高架化事業) は現在、地上区間を走っている、えちぜん鉄道勝山永平寺線とえちぜん鉄道三国芦原線を高架化する工事です。

福井駅~福井口駅間を高架化することで、踏切が3箇所なくなり、公差道路が19本整備される見込みで、線路で分断されていた東西の行き来がスムーズになり、一体化されることが期待されます。

 

 

概要

echitetsu-fukuigaiyou2_thumb[5]

福井駅付近連続立体交差事業パンフレット-福井県 より引用)

高架化区間:(えちぜん鉄道) 勝山永平寺線 2.3km、三国芦原線0.7km、(北陸本線)3.3kmは整備済み
地上→高架駅舎化:福井駅、新福井駅、福井口駅
事業費:628億円
事業期間:平成3年~平成30年

 

 

 

スケジュール

echitetsu-fukuigaiyou_thumb

福井駅付近連続立体交差事業(えち鉄高架化事業)pdf-福井県 より引用)

えちぜん鉄道高架化のスケジュールは全国の連続立体交差事業では類を見ない特殊なケースとなっており、

先行整備された北陸新幹線福井駅部へ仮設乗り入れ

地上の線路を撤去

新幹線福井駅部隣にえち鉄の単独高架を建設

単独高架に切り替え

(北陸新幹線の高架を旧えち鉄線路跡に建設)

というスケジュールになっています。

現在は赤色で示した、新幹線福井駅部隣にえち鉄の単独高架の建設が行われています。

えちぜん鉄道の高架化に伴い、福井駅、新福井駅、福井口駅の3駅は効果駅となります。

 

 

今回は、新福井駅周辺の工事を見ていきたいと思います。

新福井駅の完成イメージ

echitetsu-shinfukui

えちぜん鉄道新駅イメージパースのお知らせ-福井県 より引用)

えちぜん鉄道の新たな新福井駅はホームに屋根が架かった駅となります。おそらく、2面2線の構造になります。

 

 

 

現在の様子

20170303_0831

まずは新福井駅周辺の様子からです。

福井駅方向に撮影しました。

左からえち鉄単独高架(建設中)、北陸新幹線、JR北陸本線となっています。えち鉄は北陸新幹線の高架橋を暫定的に使用しています。

 

 

 

20170303_0832 

橋脚は景観配慮型となっています。

 

 

 

20170303_0879

福井口駅側から新福井駅方向を望む。

グレーのシートがかかっている部分が新福井駅の新しい駅舎になります。写真左側の遠くに見える高層ビルは再開発ビル「ハピリン」です。

 

 

 

20170303_0880

新福井駅から福井口駅(金沢方面)を望む。

新福井駅やら福井口駅やら名前が似ているので位置関係が分かりにくくなりますが、福井駅に近い方が新福井駅です。

 

 

 

20170303_0881

高架橋は複線のものになっています。

 

 

 

20170303_0883

高架橋がずらりと並ぶ姿は圧巻です。

 

 

 

20170303_0884

新福井駅部分です。

 

 

 

20170303_0885

駅周辺には商店もあります。

 

 

 

20170303_0886

道路を1車線に縮小して工事が進められています。

新福井駅は写真右側にできます。

 

 

 

20170303_0887

新福井駅のホーム部分も見えています。

奥に屋根が見えるのは仮設の新福井駅です。

 

 

 

20170303_0888

着々と完成に近づいています。

 

 

 

20170303_0891

暫定的に狭小な道路の様子です。

交互通行となっています。

こちらでは踏切の跡は見られませんでした。

 

 

 

20170303_0904

仮駅舎の新福井駅からの様子です。

工事が着々と進んでいました。

 

 

 

20170303_0907

ホームの形も完成していました。

 

 

過去記事

えちぜん鉄道高架化 福井口駅 建設工事 2017.3
福井駅付近連続立体交差事業(えち鉄高架化事業) 2014.9