富山・桜町1丁目市街地再開発事業 2017.2

建設中・開発中, 富山市

20170219_0294

桜町1丁目市街地再開発事業は、富山駅南口のホテルや雑居ビルが立ち並ぶ一帯を再開発し、マンション、ホテル、専門学校、店舗等が入居する複合ビルを建設する計画です。

 

 

 

概要

名称:富山市桜町1丁目4番地区第一種市街地再開発事業
用途:共同住宅、各種学校、ホテル、飲食店、物販店舗、駐車場
敷地面積:3350.84㎡
建築面積:2616.98㎡
延床面積:23126.71㎡
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造
階数:地上18階、地下0階
高さ:60m
設計:RIA
住戸:75戸(タカラレーベン) ホテル:314室(東横イン) 学校:大原専門学校
sakuramachi

(完成イメージ 富山市より引用

 

 

 

現在の様子

20170219_0296

大原学園及びテナント棟の外観がすべてお披露目されていました!

 

 

 

20170219_0299

富山駅前スクランブル交差点前から見たテナント棟及び大原学園の入り口の様子です。

 

 

 

20170219_0300

一部はシートに覆われていました。

 

 

 

20170219_0302

1階のエントランス部です。

 

 

 

20170219_0303

1階外向き店舗の様子です。

 

 

 

20170219_0304

出入口が設けられていましたが、まだテナントの概要等は分かりません。

 

 

 

20170219_0305

城址大通りから富山駅方向を見た様子です。

 

 

 

20170219_0308

続いて、敷地東側(裏側)の様子です。

 

 

 

20170219_0309

先月より少しだけ工事が進捗しています。

 

 

 

20170219_0317

マリエ前から見た様子です。

ホテル棟の工事も進み、これから上へ組みあがっていくものと思われます。

 

 

 

20170219_0322

大原学園の北側部分はガラス張りになりました。

美しい曲面ですね。

 

 

20170219_0320

最後に市内電車と再開発ビルの一コマ。

大原学園が先行オープンなので、ほぼ完成しました。

 

 

 

過去記事

過去記事はこちら!