北國銀行第二本館跡地にホテル「ユニゾイン」が進出!

2016年12月14日プロジェクトNEWS, 建設中・開発中, 上堤町・下堤町・南町・尾山町

ホテル「ユニゾ」を展開する常和ホテル㈱は、北國銀行旧本店第2本館跡地を取得したと発表されました。そして、取得された土地には、常和ホテルが展開するホテルブランド「ユニゾイン金沢(仮称)」が建設される予定で、同社のホテルは本州日本海側初進出となります!

 

「(仮称)ユニゾイン金沢」は「ユニゾイン」のブランドコンセプトに基づきつつ、長年 ㈱北國銀行本店として地域の方々に親しまれ、同行が地域経済の要として経済発展に貢献し てこられた、伝統と由緒ある土地柄も考慮し、古都金沢の格式と風情・情緒を体感できる和 風エントランスやロビーなど、特別なしつらえを予定しております。また開業以降も地域の 活性化・発展に貢献できる運営を目指してまいります。  (中略)

yunizo1
【「(仮称)ユニゾイン金沢」概要】
所在地 石川県金沢市尾山町 156 番、157 番(㈱北國銀行 第二本館跡地)
交通 JR 線「金沢」駅徒歩 17 分、
金沢駅東口よりバス 5 分「武蔵ヶ辻・近江町市場」バス停下車徒歩 3 分
土地面積 674.70 ㎡(登記簿上)
延床面積 4,600 ㎡程度
構造・規模 鉄骨造・鉄筋コンクリート造地上 14 階、地下1階
客室数 200 室程度
付帯施設 料飲施設
開業予定 2017 年度冬
(ホテルイメージ図、位置図)                       
(注)スケジュール、建物構造・規模、イメージ図等は現時点での構想であり、今後変更される可能性があります。

yunizo2

「(仮称)ユニゾイン金沢」開発準備開始のお知らせ を引用しました

 

 

 

 

現在の様子

 

2014112301950

北國銀行本店跡地の利用方針がようやく全て固まりました。

 

2015年5月8日には、北國銀行本店(第一本館)の跡地活用方針について、三菱地所レジデンスが展開するマンション「パークハウス」、共立メンテナンスが展開するホテル「ドーミーイン」が建設されることが決まりました。(北國銀行本店跡地利用の概要が決定!共立メンテナンスと三菱地所レジデンスへ土地売却へ!

 

第二本館跡地については、ホテル進出の噂があると地元紙に書かれていましたが、その通り、ホテルユニゾイン金沢(仮称)の進出が決まりました!

 

第二本館跡地は、敷地面積が670㎡余りと狭いため、正直、立体駐車場程度にしかならないと思っていましたが、狭い土地を活用した14階建ての建物が建設されるということで、個人的にはサプライズでした。

 

武蔵が辻~南町にかけてのオフィスビルは車でのアクセスが悪く、老朽化が進んでおり、建て替えられるたびに、ホテルやマンションに変わっています。近くには、オフィスビルがあった場所を建て替え、2009年に進出した、三井不動産系のホテルリソルトリニティ金沢があります。さらに、北國銀行本店跡地のドーミーインや進出が発表されたユニゾインの進出により、武蔵が辻の南側(上堤町周辺)がより一層、ホテル利用客の需要が増えるでしょう。

 

常和ホテルのホームページを見てみると、展開しているホテルは主に「ホテルユニゾ」と「ユニゾイン」があり、金沢に進出するのはビジネスホテルタイプの「ユニゾイン」となります。ここ数年で札幌や京都、名古屋、銀座など、大都市、地方中枢都市を中心に続々と進出しています。金沢の場合も、武蔵が辻のバス停まで徒歩3分で、香林坊も歩いていける距離の好立地です。

 

金沢は全国的にもホテルの客室が多い都市ではありますが、大規模学会や大規模コンベンションがあるたびにホテル不足となっているのが現状で、大規模コンベンションが重なった場合や、休日などに開催となると、ホテル供給不足が深刻で、新幹線でアクセスが向上した高岡や富山の宿を手配する始末です。ここ数年だけでも「ホテルトラスティ金沢香林坊」「ABホテル金沢」「ホテルマイステイズ金沢」が進出したにもかかわらずまだ足りない状況なので、さらなるホテル進出計画も出てきそうですね。

 

 

 

2014112301951

北國銀行第二本館跡地の様子です。この景色もいよいよ見納めとなりました。

周辺一帯の再開発が本格化します。

 

 

 

過去記事

過去記事はこちら!