金沢の老舗ショッピングセンター「パレット」が41年の歴史に幕 閉店4日前に行ってみました

金沢市ニュース

201803272_0284

金沢の老舗ショッピングセンター「ショッピングタウン パレット」が1976年の開業以来、41年の歴史に幕を閉じることになりました。

2018年3月31日に閉店するということで、最後にその姿を見ておきたいということで閉店4日前に訪問しました。

 

 

 

パレットの歴史

パレットは1976年(昭和51年)11月に「赤坂プラザ」として開業しました。

日本ショッピングセンター協会が位置づける「ショッピングセンター」としては、1972年に鳴和に誕生した「城北ショッピングセンター」、1973年の金沢スカイビルに次いで、3つ目のショッピングセンターとして開業しています。

金沢の草分け的なショッピングセンターだったことは間違いないです。

 

ショッピングタウン パレットの公式サイトによると、1988年(昭和63年)に地下フロアの開発が完了し、1993年(平成5年)に全面リニューアルし名称を「パレット」に変更。

2005年(平成17年)に館内外リフォームを実施。現在も地元住民を中心に親しまれているショッピングセンターですが、耐震強度不足と施設の老朽化によって解体が決定しました。

 

建物は2018年5月までに解体予定です。

 

 

 

パレットの閉店4日前の姿

201803272_0282

パレット閉店4日前(2018年3月27日)に撮影したものです。

 

 

 

201803272_0285

パレットの看板

 

 

 

201803272_0286

赤坂バス停の目の前という利便性の良さ。

そして、マクドナルドの昔ながらの看板がいいですね。

カタカナ表記の「マクドナルド ハンバーガー」の看板は次第に英語表記に変わってきていますね。

 

 

 

201803272_0290

パレットは2階と地下に駐車場が設けられていました。

 

 

 

201803272_0291

郊外のショッピングセンターなのに地下に駐車場があることにテンションが上がってしまうのは僕だけでしょうか?

 

 

 

201803272_0293

外観は暖色系でまとめられています。

 

 

201803272_0296

閉店4日前の平日とは思えないくらい、駐車場も埋まっていました。

 

 

 

201803272_0298

さりげないマクドナルドの看板

 

 

201803272_0299

地下への入り口。

地上から大階段を設け、ダイレクトに地下へつないでいる点が面白いですね。

 

 

201803272_0301

赤坂プラザの名残りです「AKASAKA」の文字が。

ちなみに赤坂という地名は現在、笠舞1丁目になっているのですが、周辺には赤坂と名の付くアパートやバス停などがあることから、地名が消えようとも「赤坂プラザ」時代に残した”赤坂ブランド”の功績は大きいですね。

 

 

 

201803272_0302

カラオケBanBanさんの閉店のお知らせ。

 

 

 

201803272_0280

パレットクリニックセンターは解体されず、残るそうです。

 

 

 

201803272_0281

パレットクリニックセンターは現在のクリニックモールの先駆けにも感じられます。

 

 

 

201803272_0303

パレットクリニックセンター入り口。

 

 

 

201803272_0279

パレットクリニックセンターに隣接して屋上駐車場への入り口が。

 

 

 

201803272_0304

頭すれすれの細道を通っていくと

 

 

201803272_0306

かつてのコインランドリー跡地が。

真上には屋上駐車場のスロープがあります。

こういったスペースも活かして店舗に活用しているところがとてもいいですね。

 

 

201803272_0278

パレット西側の出入り口です。

 

 

 

201803272_0277

民家の立ち並ぶ中にショッピングセンターの入り口があり、とても地域密着な感じが見てわかります。

最近の商業施設は、広大な駐車場にポツポツと店舗がある形態がほとんどですからね。

 

 

 

201803272_0307

館内は閉店セールが各店舗で行われていました。

 

 

 

201803272_0309

既に閉店したお店もあり少し寂しい感じでしたが、休憩スペースは地域住民の憩いの場となっていました。

 

 

 

201803272_0310

 

 

 

201803272_0311

パレット文化教室の案内看板。

 

 

 

201803272_0315

地下にはカラオケBanBanと小さいゲームセンターがあります。

 

 

 

201803272_0316

カラオケボックスのすぐ向かいにGEOがある面白い空間でした。

 

 

 

201803272_0318

地下駐車場出入口です。

 

 

 

201803272_0320

ちゃんとした地下駐車場です

 

 

201803272_0323

続いて2階屋上へ。

 

 

 

201803272_0324

2階屋上は広大な駐車場となっています。

 

 

 

201803272_0329

ここから小立野台地の家並みを見ることができ、まさに坂の街金沢らしい風景が広がっています。

 

 

201803272_0325

屋上駐車場からパレットクリニックセンターへの通路がある点も面白いですね。

 

 

 

201803272_0326

まるで駅の跨線橋を歩いているようでした。

 

 

 

201803272_0330

階段ホールです。天窓から光が降り注ぎます。

 

 

 

201803272_0333

海の百万石 銭屋五兵衛の巨大な絵が飾ってあります。

こういった部分にも地域密着感が伝わってきますね。

 

 

 

201803272_0322

ショッピングタウンパレットについて写真とともに見てきました。

金沢には大手GMSを中心とした郊外型ショッピングセンターは無数にありますが、パレットのように地元資本運営のショッピングセンターは少ないです。

そして、マクドナルドやゲオなど大手資本とともに、めん処あかさか、学生服のオートモ、北陸ホームサービスなど地元資本のお店が共存している形態は金沢では少ない印象なので、閉店は寂しいですね。

 

数少ない写真ですが、思い出とともに浸っていただけると幸いです。

 

2018年3月31日の閉店後、2018年5月までに解体されたのち、再びショッピングセンターとなる予定です。