金沢21世紀美術館の2016年度来館者数が過去最高の255万人に!

金沢市ニュース, エリアニュース

20160922_0278

金沢21世紀美術館の2016年度の来館者数が、255万4157人となり、過去最高を記録しました!

 

 

 

入館者数の推移

21biimage

金沢21世紀美術館の入館者数です。

(縦軸:人  横軸:年度)

開館以来、10年ほど150万人前後で推移してきた来館者数ですが、北陸新幹線金沢開業によって、2015年は237万人を記録し、日本国内の美術館の入場者数ランキングにおいて、国立科学博物館や国立新美術館を抜き、初の全国1位になりました

そして、2016年は開業フィーバーに沸いた昨年を18万人(+7.6%)上回る結果となり、過去最高を更新しました!

 

 

主な要因は?

20170107_0366

開業フィーバーに沸いた、2015年を上回った要因として挙げられるのは、多彩な展示内容です。

昨年度は9月~10月にわたって「アートアクアリウム展」を開催し、来場者は17万7000人を超え、金沢21世紀美術館の貸しギャラリーの展覧会としては、2005年の人体の不思議展(14万7000人)を上回る記録となりました!

そして、12月以降に降雪が少なく好天が続いたことも好影響だったみたいです。

 

 

 

今年の注目の展示は?

20151115_0838

池田学展 The Pen ー凝縮の宇宙ー

2017年4月8日(土) – 2017年7月9日(日)
極めて細いペン先から壮大な世界を描き出すアーティスト、池田学 氏の展示会です。開館から14年目を迎える同館で、初の本格的な絵画展となり、池田氏の個展としてもこれまでで最大規模となります。

 

川越ゆりえ

2017年5月27日(土) – 2017年9月24日(日)

川越ゆりえ(1987-)は「人の感情の蠢きを虫にしたら」と発想し、心の動きを仮想の虫の姿態に呼応させて、幻想的な世界を表現します。擬人化ならぬ擬虫化したモチーフは、さらに、昆虫標本に仕立てられ、人間の滑稽さや愛すべき表情にも見えてきます。

 

など、今年も面白そうな展示が沢山あります。

展覧会の情報は金沢21世紀美術館のサイト(https://www.kanazawa21.jp/exhibition_event.php)より確認できます。

 

20151115_0833

2017年は2016年まで続いた10周年の記念事業もひと段落し、”集客”に特化したイベントも一区切りするそうです。よって、来館者数もひと段落することも予想されていますが、来場者数という数値にとらわれず、さらに市民に愛される美術館となってほしいです。

 

 

参考記事

金沢21世紀美術館が2015年度の美術館入場者ランキングで初の全国1位に!!

金沢21世紀美術館に新たなシンボル「まる」が誕生!