レトロ駅探訪・・・富山地方鉄道東三日市駅

2017年2月21日建築, 建築-黒部市

 20161007_1_0956
今回は「レトロ駅探訪」と題して、東三日市駅を取り上げます。

東三日市駅は、富山県黒部市にある、富山地方鉄道本線の駅で黒部市の中心市街地に位置する駅の一つです。
1922年(大正11年)に富山地方鉄道の前身会社の一つである、黒部鉄道の駅として開業し、駅舎は開業当時のままです。

 

 

 20161007_1_0959
東三日市駅の銘板です。
モルタルの壁に、このレトロなフォントがたまらないですね。

 

 

 20161007_1_09612
踏切より、駅舎と線路を眺めます。
ホームも当時のままでしょうか。この先には北陸新幹線の停車駅である黒部宇奈月温泉駅や、トロッコ電車で有名な宇奈月温泉駅があります。

 

 

 20161007_1_0962
レトロ駅舎はモノクロの方が味が出ていいかもしれません。

駅周辺

 20161007_2_00202
駅周辺の様子です。
駅周辺は「東三日市商店街」となっており、これまたレトロな商店が軒を連ねています。

 

 

 20161007_1_09642
歴史がありそうな町家建築もありました。

 

 

 20161007_2_00222
再び駅舎に戻り、駅構内の様子です。
これまたいい雰囲気ですね・・・!

構内の基本的構造も大正時代から変わっていないと思います。
駅員室の斜めにせり出している感じが特徴的です。
あと、改札部分の天井に掲げられている「定期券拝見」の文字もいいですね。

現在は平日の朝のみ駅員が配置されているようです。

 

 

 20161007_2_00212
最後に駅舎全景です。
黒部市にはレトロな街並み探訪のために訪れました。
東三日市駅には本来寄る予定はなかったですが、レトロでいい雰囲気を出していたので急遽取材しました。

二見書房刊の『訪ねておきたい名駅舎 絶滅危惧駅舎』(2010年)にも掲載されているそうです。
こういった駅舎も今では貴重となってしまったので、今後も保存してほしい駅舎ですね。